ひび割れをシーリングで補修

お風呂場はタイル張りなのですが、大きい地震を経験したために、かなり広い範囲でヒビが入っています。浴室全体をリフォームしたいところですが、かなり費用がかかりますよね。なので、自分でシーリングを打って補修しています。

 

というのも、最初は業者さんにしてもらったのですが、あまり綺麗な仕上がりではなかったんです。多分、地震直後だと忙しくて時間も掛けられなかったのでしょうね。まあシーリングなら自分でもできるなと思って、それ以来、定期的にシーリングを打ち直しています。

 

ヒビは複雑な形をしているので、テープを貼るのも結構時間が掛かったりします。でもテープの貼り方で見た目が変わるので、ここはかなり丁寧に作業しています。あとは思い切ってヘラを滑らせるのがコツですね。ゆっくりヘラを動かしていると、シールに段がついてしまいますから。

 

特にお風呂場の床など、水気が溜まりやすい場所は、必ず乾かしてからシーリングした方がいいですよ。少しでも濡れていると、すぐにペロペロ剥がれてきますから。

PR|クロス選びは見ているだけで楽しい|