カーテンだって立派な部屋のインテリア

例えば、カーテンの色を暖色系の色にすればそれだけで部屋の中がとても暖かいようなそんな柔らかな印象を与えてくれます。逆に、青色などの落ち着いた色を選べば、心がすっきりしてとても爽やかな気分を味わうことができます。

 

カーテンと言われると、窓にかけてある布であって、あくまでもその役割は他人から自分の家を覗かれないようにしたり、日光を遮ったり等の防犯、安全を守るための用品として用いられることが多いです。

 

しかし、カーテンにも絨毯やその他のインテリア雑貨と同じように、柄や色等の違った様々なデザインがあります。

 

まず、朝起きるとカーテンを開けてお日様の日光を浴びます。

そうするだけでとても心地の良い、今日も一日が始まるといった、やる気・充実感に溢れます。

 

せっかくその様に普段から目にして、自分のメンタル面を維持させてくれる貴重なものなのですから、カーテンにもっと重きを置いてみても良いのではないでしょうか。

 

ですから、カーテンは暮らしも変化させてしまう立派なインテリアだと言えるのです。

 

うちは引っ越した物件が2年後に取り壊される予定で、「現状復帰とか関係ないから、好きなように使っていいよ」と大家さんに言われました。

それまで賃貸での大掛かりなDIYや模様替えは考えていなかったのですが、「せっかくの機会だから、自分らしい部屋にしたい!」と思い立ち、素人でもできそうな壁の塗り替えに挑戦しました。

 

8畳のリビング・ダイニングの、壁の塗り替えです。築30年の物件で、白い石膏ボードが薄汚れて、どんなにインテリアをおしゃれにしても古くさい雰囲気になってしまう物件でした。

ちょうどクロスではなくボードで剥がしたりする必要がなかったので、明るいグリーンのペンキで塗り替えました。

一番苦労したのは、天井近くを塗ることです。高い位置なので養生テープなども貼りにくく、脚立の上でなんとかムラなく塗れるように頑張りました。

 

アバウトに見えて、丁寧な下準備はとても重要です。少しでもペンキがはみ出したりすると台無しなので、面倒でも養生はしっかりしましょう。

PR

相互リンク|seoリンク|ショッピングカート設置|女性の人生|相互リンク募集サイト|相互リンク募集中|心の童話|童話集|