iPhoneの利用でオーディオ機器を見直しすっきりインテリアに。

iPhoneを活用すべく、オーディオを撤去しました。

音質のいいオーディオ一式を持っていましたが、
しっかり場所をとることと、そこまで音にこだわらなくなったこと
(今は小ぶりでも良い音質のものがたくさんあります)をきっかけに、
iPhone用のスピーカーを購入しました。

結果、省スペースになったことで部屋がとても広く使え、
さらに大量の音楽を素早く聴けるようになり、現在の生活にとてもFITしました。

断捨離とまではいきませんが、
部屋で大きくスペースを取っているものを見直す中で変更した今回の音響機器。

オーディオ自体もインテリアとして楽しんでいたのですが、
物がなくなって生まれたスペースが、
思っていた以上に部屋を広く見せてくれ、快適になりました。

あるのが当たり前と思っていたものを無くす、
別のもので代用することで、インテリア以上に生活がすっきりする良い事例でした。

部屋のインテリアを見直す際は、
大きいものを別のものに代用できないか考えてみることは良い一手です。
今回のように小さくするのも良いですが、
もっと大きくして他のものや機能を取り込んでも良いと思います。

自分自身が想像しなかった、よりフィットするインテリアが見つかるきっかけになるかもしれません。