分厚いカーテンは冬も夏も活躍する

厚めのカーテンは寒さ対策になります。厚めのカーテンに変えて以来、窓際のベッドの温度は明らかに変わったように思いますから。冷え冷えしなくなったのですよね。「毛布かぶれば寒くないでしょ」ぐらいに以前は思っていたのですが、しかしカーテン一枚で変わるものです。

冬場に窓際のベッドで寝た時に感じる気温がカーテンひとつで変わるのならば、もっと早く行動しておけば良かったと思います。なんでも、冬場だけではなく夏場においても厚めのカーテンは活躍するようですし。

夏場は部屋に差し込む日差しが部屋の温度をあげますから、その時に分厚いカーテンが大活躍するのです。カーテンを閉めておけば部屋の温度が太陽の日差しで、上昇することを防げますからね。もちろん完璧に近い形でガードすることは難しいのですが、それでも明らかに違うのはわかりますから。

もっと言えば、夏場のカーテンの有り無しの方が違いは大きいかもしれません。カーテンを閉め忘れて家を出た時なんかは、帰宅後の部屋の温度は灼熱だったりしますから。カーテンの厚みも大事です。

PR|失敗しない模様替えはウォールステッカーで