花は想像以上にインテリアの印象を変えてくれます

インテリアとして雑貨や家具にこだわっていましたが、
どんなにこだわっても月日とともに「飽き」てしまうものがないでしょうか。
ひとつひとつのモノだけでなく、
部屋そのものに「飽き」がきてしまうこともあるかもしれません。

そんな時にとてもオススメなのが花を飾ることです。

観葉植物すら面倒と思い置いていなかったのですが、
花をいただく機会があり、それを部屋に飾ったところイメージが一新。
あれ、こんな部屋だったっけ・・・と思ってしまうほどイメージを変えてくれます。
植物という生き物が新しい風運んでくれます。

花瓶や花の世話も難しく考える必要はありません。
花を生けるのは使っていないコップでもなんでもよいのです。
家にあるものを使うことで、その魅力を再発見できることもあります。

初めは世話が面倒だろうなと思っていたのですが、
思ったより生き生き咲いていてくれて、長い間楽しめます。
気持ちが癒されることで、もう少し長持ちしてほしいな、
と自然に手をかけるようになります。

今のインテリアにちょっとマンネリを感じたら、
花を飾ってみてください。
雑貨とは違った新しさを得られます。

PR|壁紙を自分で変えるなら