玄関の壁には少しこだわりました

家のリホームで壁紙や壁のことを考える段階になりました。
住宅会社のやっていた、家の見学会で、完成したお宅を見せてもらった時に玄関の壁の説明もありました。それはただの壁紙ではなく、珪藻土の壁でした。とてもおすすめのようでした。

 

見た目は白い壁なのですが、この壁には消臭機能や、湿気の調節機能もある優れモノでした。完成したお宅では実験はできないのですが、住宅会社のショールームには珪藻土の壁があり、スプレーの中の水を吹きかける実験を見せてくれました。すると水をグングン吸っていくのです。これだけ湿気を吸うのであれば部屋の中は湿気でカビが映えたりとかもしないのかなと思いました。

 

いつもきれいな空気の部屋が保てて、湿気も、臭いも軽減させてくれる珪藻土の壁が良いなと思いました。

 

全ての壁を珪藻土にするのは費用的に難しいので、家族の靴の置き場にもなる玄関や、リビングの壁の一部を珪藻土にして、またただの白い壁ではなく、少しオシャレなブロックを積み重ねたような壁にして、アクセントをつける役割にしました。部屋の良いインテリアにもなりそうで気に入っています。